Top >  カロリーコントロールダイエットの基本 >  朝・昼・夕 3食のカロリーの内わけ

スポンサードリンク

朝・昼・夕 3食のカロリーの内わけ

カロリーコントロールダイエットは無理なく美味しく!

カロリーコントロールダイエットの基本、一日1200kcalプラス100kcalの毎日3食の内わけです。
だいたいこれを守れば、バランス良い食事ができるでしょう。

朝食 250kcal
昼食 450kcal+100kcal
夕食  500kcal
   

・ときどき200キロカロリーの間食OK!!


朝食は、一日を心地よく始めるための大切な活力源です。
体温を上げて、眠っていた体を目覚めさせて代謝もアップさせます。
ダイエットのためにといって朝食を抜きにしてしまうと、逆に代謝を衰えさせて痩せにくい体質にもなってしまいがちですのでカロリーコントロールダイエットでは朝食はきちんと食べましょう。

昼食は日中の活動を支えるためにしっかり食べましょう。
ここでカロリーや食事量を抑えすぎると我慢できずに間食に走りがちです。
物足りないときには昼食で100キロカロリーをプラスしてみましょう。

夕食はダイエット中は一番カロリーを抑えたい食事です。
本来は朝⇒昼⇒夜にしたがってカロリーを少なくしていくのが理想なのですが、私たちの生活環境ではそれはなかなか難しく、ダイエットを続けることができなくなってしまいます。
夕食はせっかくの家族団らん、くつろぎの楽しい時間ですから、無理なダイエットではなく、程よくカロリーもある、満足できる食事をしましょう。
カロリーを抑えながらも、必要な栄養をバランス良く摂取して、翌朝にはすっきりと目覚めるようなレシピにしてください。
(カロリー計算ができるホームページはダイエットリンク集に紹介しています)

カロリーコントロールダイエットの基本

カロリーコントロールダイエットは毎日3食きちんと食べて栄養バランスを考えながらカロリーをコントロールしていくダイエットです。健康的に痩身しましょう!

関連エントリー

カロリーコントロールダイエット、まずココを押さえて!カロリーコントロールダイエットの変則ルール朝・昼・夕 3食のカロリーの内わけプラス100kcalには常備菜